効果的なメールでのアピール


出会い系サイトや援助交際サイトで心がけたいのは、親密になるきっかけを掴むため、効果的に自分をアピールすることです。
では、どうやってアピールするかと言えば、やはりメールの内容です。
そこで、効果的にアピールできるメールのポイントを二つご紹介します。

◆必ず一箇所、質問を入れる

相手にアプローチするファーストメールが特にそうですが、なんの捻りもなく、すぐに終わってしまう内容は絶対に返事がありません。
たとえば、「はじめまして。○○といいます。映画が好きです」という内容だとしましょう。
どうですか?「はあ、そうですか」としか反応できませんよね。
「こんにちゎ!○○といいます。ところで、”ゎ”ってなんのために存在するんだろうね?」だったらどうでしょう?
「そんなこと、今まで気づかなかった」とか「正しくは”こんにちは”ですよ?」といった反応があるかも知れません。

◆送信前に冷静に読み返す

その人の性格によりますが、メールを送信する前に読み返す人とそうでない人がいます。
ただ、読み返す人は自分に酔っていることが多く、読み返さない人は気恥ずかしさでそのまま送信ボタンを押してしまう傾向があり、どちらも好ましくありません。
「もし、相手がこのメールを読んだらどう感じるか?」と、必ず客観的に読み返しましょう。

これをやると、嫌われる

出会い系サイトや援助交際サイトを利用するうえで、「これはよろしくない」ということが色々とあります。
一見、煩悩全開でも問題が無いように思えますが、デリカシーの無い人に出会いは巡ってこないようになっています。
サイトのトップページに「即アポOK!淫乱娘に発射オーライ!」などとコピーが書かれていますが、いくらなんでもそんな女性はいません。また、そういった女性なのだと決めつけてアプローチすると失礼です。

具体的に「こうしましょう」という決まりはありませんが、最低限のマナーとして次のようなことは控えましょう。

・メールの内容が必ず性的である
・メールを「いつ会える?」と締める
・自分を大きく見せようと嘘をつく
等々

サイトの性質上、性的な発言は女性もやんわり受け止めてくれると思いますが、「というわけで、今度の土曜日どうかな?」と脈絡なく誘ったり「まず、ヤろう。ヤらなきゃ分からないから」と悪徳業者の営業マンのようなアプローチはダメです。
顔が見えず、基本メールでのやり取りなので無意識に何でも有りと思ってしまいますが、女性はどういった返事なら角が立たないか内容を考えてくれているものです。
また、出会い系サイトを利用しているからといって、全ての女性がセックスに対して大らかという固定観念もいけません。

最後に、嘘をつくことについてですが、実際に会う際、嘘がバレてしまい出会いが後破綻になるからいけない、という理由も大きいです。
しかし、男性は嘘で見栄を張ったり、事実を誇張した自慢話をすると、他人からはどんどん矮小に見えてしまうのです。
身長が168cmなのに175cmという程度の嘘はいいですが、フリーターなのに「去年、会社を設立してね」といった嘘は痛ましいので絶対やめましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ